Top > VCAR

楽天ワンにゃんDAY
VCAR
HTML ConvertTime 0.110 sec.

イメージ.jpg

携行が容易な軽量カービン。重量はわずか3.8ポンドで全長22.5インチ。折りたたみ式ストックを装備。サプレッサーを使ったステルスおよび特定の目標を想定した作戦に適している。

分類マークスマンライフル
実装日2021年11月12日(製品版先行プレイ)
解除条件レベル47
製造国アメリカ合衆国
設計 / 製造Kel-Tec
使用弾薬.22 Winchester Magnum Rimfire
弾薬近接戦闘標準仕様亜音速
装弾数標準:25+1/182
拡張:30+1/155
ドラム:40+1/123
20+1/10520+1/84
射撃モードmode1.png
連射速度通常449rpm399rpm
拡張バレル379rpm
ショート519rpm
弾速通常560m/s644m/s560m/s
拡張バレル644m/s740.6m/s644m/s
ショート476m/s547.4m/s476m/s
重力落下9.81m/s29.81m/s29.81m/s2
反動ADS左0.05/上0.5/右0.05左0.055/上0.55/右0.055
初弾倍率1.1倍
腰だめ左0.3/上0.6/右0.3左0.33/上0.66/右0.33
初弾倍率1.1倍
拡散ADS静止:立0.08 屈0.07 伏0.06
移動:立0.23 屈0.22 伏0.21
腰だめ静止:立2.8 屈2.38 伏2.1
移動:立3.1 屈2.68 伏2.4
拡散連射増加ADS静止/移動:0.16
腰だめ静止/移動:0.7
最大拡散値ADS静止:立0.7 屈0.6 伏0.53
移動:立0.85 屈0.75 伏0.68
腰だめ静止:立4.2 屈3.57 伏3.15
移動:立4.5 屈3.87 伏3.45
リロード時間(空時)2s(2.12s)
拡張:2.2s(2.33s)
ドラム:2.44s(2.59s)
2.2s(2.33s)
持ち替え時間0.55s

ダメージ Edit

標準仕様

減衰開始/終了距離0m-5m5m-10m10m-20m20m-30m30m-40m40m-50m50m-75m75m-100m100m-150m150m-Nm
ダメージ352822
#0.4.1以前35262218

近接戦闘

減衰開始/終了距離0m-5m5m-10m10m-20m20m-30m30m-40m40m-50m50m-75m75m-100m100m-150m150m-Nm
ダメージ352822
#0.4.1以前35262218

亜音速弾

減衰開始/終了距離0m-5m5m-10m10m-20m20m-30m30m-40m40m-50m50m-75m75m-100m100m-150m150m-Nm
ダメージ352822
#0.4.1以前35262218

※HSの場合、2.0倍ダメージ

アタッチメント Edit

 アタッチメント(クリックで表示)

特徴、アドバイス、補足 Edit

概要
レベル47で解放されるマークスマンライフル…というよりはピストルカービン。
「なぜDMRにこの銃が?SMGの亜種では?」と言いたくなる見た目と近距離向けの性能をしているが、初弾の命中率は良好ながら連射すると急激に命中率が悪化するという特徴*1を持っており、セミオートのみという点を除いてもSMGとは明確に異なる武器である*2

性能
発売当初から長らく弱武器の名をほしいままにしてきたVCARだが、0.4.1アップデートによる全体的な弾の距離減衰性能向上*3とDMR全体の反動減少*4の恩恵を受け、かなり扱いやすい銃となった。その後も弾速やHS倍率の強化、スコープの追加等、着々と強化が施されている。

VCARの強みとしては、優秀な近距離TTK(比較的高レートで近距離3発)、初弾の精度を生かした中~遠距離狙撃(標準仕様弾なら100mまでHS 2発)、セミオートとドラマガによる弾持ちの良さが挙げられる。
近距離はもちろん、中~長距離狙撃もこなせて継戦能力の高い銃であると言える。

逆にVCARの弱みとしては、優秀な近距離のTTKを実現するにはセミオートで450rpmの連打*5とエイムを両立させる必要があること、拡散連射増加値が高いため中~遠距離の敵に対しては最速連射するとかえって狩りきれないことがあること、腰撃ち精度は全体から見るとあまり良くないこと、どの距離にもライバルがいること*6が挙げられる。
遠くの敵に対しては適度に間隔を空けて単射することで、腰撃ちする場合は思い切って5m未満の超近距離に踏み込むことである程度は対処可能だが、TTKの不安定さとライバルの多さは如何ともし難く、正面から撃ち合いはなるべく避けたい銃でもある。

これらの強みと弱みを考えると、他の武器に撃ち勝つことが難しいという意味では確かにVCARは弱武器であると言える。しかし、正面切っての撃ち合いを避ける立ち回りをするならば、SMGよりも交戦距離と継戦能力が優秀でチャンスをモノにしやすい性能をしているのもまた確かである。

しっかりと距離と状況を見極め、連射・単射・腰撃ちを冷静に使い分けて戦えば、VCARの性能を生かすことができる。
敵の不意を突く立ち回りを基本としつつ、タイミングを見計らって前線や拠点に踏み込んでいこう。

アタッチメント:弾薬
  • 標準仕様弾
    VCARにおける実質的な高威力弾。15+1発という少ない装弾数ゆえに使用されることは少なかったが、♯3.1アップデートにより装弾数が20+1発に修正され、0.4.1アップデートにより100mまでならHS 2発となり、選択肢に入る性能となった。
    ドラムマガジンに目が行って意外と見放されがちな標準仕様弾だが、距離減衰性能が優秀で弾速も上がるため、この銃本来の実力を発揮できる弾種である。
    とはいえ、弾数は多いとは言えないため、それなりのエイム力と立ち回りが要求される。
  • 近接戦闘弾
    通常と拡張で20+1発、ドラムは23+1発のためハンドガン以下の性能でしかなかったが、0.3.1アップデートによって通常は25+1発、拡張は30+1発、ドラムは40+1発と大幅に装弾数が増加、0.4.1アップデートにより35ダメの範囲が標準弾と同程度にまで伸びた。
    近接戦闘弾は標準仕様弾と比べ、最大/最小反動値の減少、レートの上昇、装弾数の増加などの利点があり、中~遠距離狙撃をメインにしないならこの弾種が最適である。但しVCARはセミオート故、プレイヤーの指性能によってはレート上昇の効果を実感しにくいのが残念なところ。
    ドラムマガジンを解除するとリロードに悩まされない快適なプレイが期待できるので、それまでに通常や拡張で近接戦闘の立ち回りに慣れておくのもいいかもしれない。
  • 亜音速弾
    20+1発という少ない弾数に加え、近接戦闘弾より若干マシな程度の距離減衰も相まって、かなり限定的な立ち回りが要求される弾種…であった。
    0.4.0アップデートでのラップサプレッサーのダメージ減少の撤廃*7、0.4.1アップデートでの距離減衰性能の変更*8により、普段使いとして十分選択肢に入る性能となった。
    亜音速弾はサプレッサーと併用することで中~遠距離狙撃や茂みなどを利用した潜伏&キルが得意となり、ラップサプレッサーとの組み合わせならそのまま近距離に踏み込むことも十分可能。
    弾速が遅く、サプレッサーを付けても近くの敵にはバレることに気を付ける必要はあるものの、武器説明文にふさわしい実力を発揮できる弾種になったと言える。
アタッチメント:アンダーバレル
  • コブラグリップ, LWGグリップ
    0.4.0アップデートにより、こちらのグリップに静止時/移動時の命中精度増減の効果が割り振られ、増減の倍率も抑えられた。
    コブラグリップは静止時の最大/最小拡散値の減少、移動時の最大/最小拡散値の増加。
    LWGグリップは静止時の最大/最小拡散値の増加、移動時の最大/最小拡散値の減少。
    ペナルティもメリットも減少したが、妥当な性能となった*9。状況に合わせて付け替えるのが理想だが、好みの方をつけっぱなしにしてもあまり問題はないだろう。
  • BCG軽量ブリップ, ラトルスネーク軽量グリップ
    0.4.0アップデートにより、軽量グリップには新しい効果が割り振られた。
    BCG軽量グリップはADS時の最大/最小拡散値の減少、腰撃ち時の最大/最小拡散値の増加。
    ラトルスネーク軽量グリップはADS時の最大/最小拡散値の増加、腰撃ちの最大/最小拡散値の減少。
    効果の増減倍率はコブラグリップ, LWGグリップに比べて小さく、特にラトルスネーク軽量グリップの増減倍率はレーザーサイトよりも大幅に小さい。自分の立ち回りを考慮して選択したい。
  • LS-1 レーザーサイト
    0.4.0アップデートによる効果の変更はないものの、相対的に有用なアタッチメントとなった。
    腰撃ち時の最大/最小拡散値の減少倍率は全アタッチメントで最高である。視認されることを意識して運用したい。
アタッチメント:バレル
  • ショートバレル, 拡張バレル
    ショートバレルは連射速度増加、弾速減少。
    拡張バレルは連射速度減少、弾速増加。
    どちらのバレルも、使用する弾薬がなんであっても連射速度は変化しない*10
    VCARはセミオートの割には連射速度が高い武器のため、ショートバレルの性能を引き出せる人は限られると思われる。拡張バレルでさえ379rpmと秒間6.3回の連打が必要であるので、好みで選択してよいだろう。
  • タクティカル・コンペンセイター, ウォーホーク・コンペンセイター
    0.4.0アップデートにより、コンペンセイターには新しい効果が割り振られた。
    タクティカル・コンペンセイターは最大/最小拡散値と拡散連射増加の減少、リコイルの増加。
    ウォーホーク・コンペンセイターは最大/最小拡散値と拡散連射増加の増加、リコイルの減少。
    拡散連射増加値に影響を与える唯一のアタッチメントであるが、倍率が小さいため実感するのは難しいかもしれない。
    中~遠距離を単射で運用する場合はタクティカル・コンペンセイター、近距離で連射する場合はウォーホーク・コンペンセイターのほうが向いていると言える。
  • チャンピオン・マズルブレーキ, ARCOMタクティカル・マズルブレーキ
    0.4.0アップデートにより、マズルブレーキに垂直/水平反動増減の効果が割り振られた。増減倍率は変化していない。
    チャンピオン・マズルブレーキは垂直反動減少、水平反動増加。
    ARCOMタクティカル・マズルブレーキは垂直反動増加、水平反動減少。
    0.4.1アップデートにてDMRの横反動が極めて小さくなったことにより、チャンピオン・マズルブレーキのデメリットはほぼ無視できるレベルとなった。とはいえ、縦反動と違い横反動を制御することは難しいという考えにも一理あるか。
  • 6KUサプレッサー, ラップサプレッサー
    0.4.0アップデートにより、以前とは効果が変化した。
    6KUサプレッサーは発砲音軽減、発砲しても遠くの敵にはミニマップ検知されなくなり*11、ダメージが減少する。
    ラップサプレッサーは発砲音軽減、発砲しても遠くの敵にはミニマップ検知されなくなり、弾速が減少する。
    亜音速弾の項でも触れたが、ラップサプレッサーは普段使いしても問題ない性能へと変化した。6KUサプレッサーの存在は忘れていい*12


2021/12/9の♯3.1アップデートによって、マガジン内の弾数が次のように修正された
標準仕様  通常マガジン14+1発→20+1発
近接戦闘  通常マガジン20+1発→25+1発
      拡張マガジン20+1発→30+1発
     ドラムマガジン23+1発→40+1発
亜音速   通常マガジン20+1発→20+1発(変化なし)


2022/04/19の#4.0アップデートによって、射撃時のスコープの揺れが軽減された。


2022/05/19の#4.1アップデートによって、DMR全体の水平方向のリコイルが軽減された。


2022/06/07の#1.0.0アップデートによって、全DMRの弾速が早くなり、サイトとしてPSO-1M3が追加された。


2022/07/06の#1.1.0アップデートによって、全DMRの弾速が早くなり(600→700)、遠距離のヘッドショット倍率が(1.8倍→)2倍になり、サイトとしてターゲット8T 1.25-4.5Xが追加された。



  • IRON SIGHTS
    アイアンサイト.jpg

ゲーム内映像 Edit

銃器紹介 Edit


アメリカのケル・テック社製 CMR-30。
同社のPMR-30自動拳銃の銃身を伸ばし、ストックを搭載したピストルカービンモデルである。
PMR-30シリーズは9mmパラベラム弾よりもわずかに低威力な.22ウィンチェスターマグナム(.22WMR)弾を使用することで、超軽量(CMR-30は1.7kg、PMR-30に至っては400g(!))かつ多弾数(拡張マガジン無しで30発)を実現している。

コメント Edit

最新の20件を表示しています。 コメントページを参照 画像を非表示

  • ジャンルに照らし合わせて考えれば逆M1903(試作)とも言えなくはない、試作はのちにボルトアクションに切り替え可能になったんだからこいつもなんか適度に面白くならんかの。具体的には先輩を見習ってハンドガードみてぇな位置からバイポ出すとか(無茶振り) -- 2022-01-13 (木) 19:01:31
  • これ持ってれば撃ち負けても武器のせいにできるよな…… -- 2022-01-15 (土) 21:29:43
    • 撃ち負けるのはおまえの指のせいだぞ。魂を込めて連打しろ! -- 2022-01-16 (日) 22:09:01
  • こいつの読み方ってブイカーでいいの?読み方がイマイチわからん -- 2022-01-17 (月) 00:00:29
    • 改行があったので修正 -- 2022-01-17 (月) 00:16:27
  • UZIみたい😀 -- 2022-01-29 (土) 10:59:47
    • 見た目だけはな -- 2022-07-19 (火) 01:41:35
  • 解説を可能な限りポジティブなものに更新してみた。前筆者殿の記述はちゃんと残しているつもりだが、どうだろう。それにしても、こいつはどう調整されるべきなんだろうか。威力減衰を強化してHS倍率を2.5倍にするくらいが妥当なところかな~。バーストを追加なんてしたら完全に近距離用になってDMRとは別銃になるだろうし、下手したら壊れかね…いやそうでもないか。 -- 2022-02-08 (火) 21:06:07
    • 軽量なのを生かして走る速度が上がるとか、ハンドリングを上げるとか、重量に余裕ができて投げモノやガジェットの弾薬を一つ多く持てるとか -- 2022-02-09 (水) 03:09:28
      • 下手に凝った仕様を時間かけて追加するより単純に武器性能上げて欲しい。精度MAXにして使用者の腕次第で化けるとか。 -- 2022-02-12 (土) 11:05:32
      • まぁマークスマンライフル3種しかないし、単純に近(高レート距離減衰強め)、中(バランス)、遠(高精度距離減衰弱め)で分けてもいいとは思う。現状は弱強弱でしか分かれてないし -- 2022-02-12 (土) 16:26:07
      • 単純に武器性能を上げる、か。確かに、VCARに限らずDMRは「HS決めても全距離2発は必要なSRだよ!代わりに連射がきいて反動もそこまで大きくないよ!」という性能で構わないのに、なぜか「遠くの敵は連射せずに丁寧に狙って撃ってね!連射すると近くの敵にしか当たらないよ!」という性能にされているんだよな。DMRがSRに準拠した性能ならもっと使いやすくなるんだが、そこまで大胆に変更してくれるかどうか… -- 2022-02-12 (土) 22:54:52
      • ヘッショダメージ率だけ上げるとか? -- 2022-02-14 (月) 18:11:39
    • すまんな。俺は性格上どうしても口が悪くなりがちだから修正してくれて助かる。 -- 2022-02-13 (日) 02:47:57
      • おー前筆者殿か。こちらこそいろいろいじらせてもらってる。口が悪くなりがちとのことだが、「おおよそ人に使わせようと考えていないかのような性能」との評なんかは、消してしまったものの同意できるところもあったりする。というのも、VCARに限らずDMRは機械的に武器カテゴリごとの特徴(DMRだと初弾の命中率は良好だが連射すると急激に命中率が悪化するところ)を作って、機械的にその特徴以外のパラメータを変更して差別化(DMRなら中遠近)している、という印象を受けるからなんだ。幸いSVKは胴撃ち砂としていい感じに仕上がったが、VCARは(DM7も?)一見しただけでは運用方法が不明な武器になってしまったわけで、武器に愛着を持ってもらうタイプのゲームでこの作り方は雑だと思う。武器説明文をなんとかするとか(近距離向けなのにヘビサプが使えないVCARでステルスを勧めてどーすんだ)、アタッチメントで実は遠距離もいけることをアピールする(バイポや高威力弾があったり)とかして、パッと見て「SMGに似てるけど違う感じだな…」と思ってもらえるような努力をもっとしてほしかったところ(実はK30にはバイポも高威力もヘビサプもあったりするが…)。ま、なんだかんだ言って愛銃なんだけどね。適度な強化を期待してる。 -- 2022-02-13 (日) 13:22:28
  • こいつショーバレ付けても連射速度上がってなくね? -- 2022-02-28 (月) 23:30:47
    • 通常バレル・近接戦闘弾の450rpmですら秒間7.5回の連打が必要だからな…自分も気になっているが正直検証できてない。フリースピンのマウスホイールを使えば確認できるか? -- 2022-03-01 (火) 20:04:54
  • VCARのT1マスタリー達成!一区切りついたし、VCARはちょっと休止してDM7のマスタリーを進めるか~などと思っていた矢先、VCARのT1バッジ持ちにVCARでキルされた。…あぁ、VCARが好きで使っている人、自分以外にもいたんだな…これは負けていられない!自分もVCAR好きとして、より多くのプレイヤーにVCARによるキルをお届けせねば!すまんなDM7、VCAR人口が増えるまでちょいと待ってくれい! -- 2022-03-14 (月) 01:19:09
    • おめでとう!その愛に感服するわ -- 2022-04-28 (木) 08:02:37
  • ヘビーサプレッサー実装して欲しい… -- 2022-04-28 (木) 08:03:53
    • 自分も以前はそう思っていたけど、#4.0アップデートでラップサプレッサーが調整されてダメージ減衰が無い唯一のサプレッサーになったので、今後ヘビーサプレッサーが追加されても使わないかも。 -- 2022-04-28 (木) 22:22:23
      • ヘビーサプ+亜音速でヒットインジケータでなくなるから、完全にステルスプレイできるんよ だからステルス目的で便利だなぁっていう -- 2022-05-20 (金) 00:07:56
      • ヘビサプあっても使わないかも、と書いた本人だが…確かにヘビサプが欲しいと思う場面は使っててけっこうあった。シーズン1でアタッチメント追加か、もっと大胆な変更が入るといいな。 -- 2022-05-29 (日) 15:11:05
  • パッチ来て使いやすくなった? -- 2022-04-30 (土) 13:25:32
  • 400rpmかつ低反動で100mまでHS2発キル。SFAR-M以上の全距離対応を実現した隠れた強武器 -- 2022-05-28 (土) 21:55:17
    • でもSFARの方がロングバレルつけても連射速度早いし精度いいから好き。VCAR精度ゴミすぎんのと指疲れるから苦手なんだよな。 -- 2022-05-29 (日) 00:05:45
      • VCARは拡散連射増加値が高いので、遠くの敵に対しては連射するような武器じゃないと思っているのだが…ようつべに上がってる動画はどれもこれも連射しまくってるな。でもまあ、地道に性能が良くなってきていてうれしい。 -- 2022-05-29 (日) 14:52:13
  • VCARに(SVKも)新たに5スコが追加されているのだが…解除条件が125m以上で50キルだと!不可能とは言わないが辛すぎる。 -- 2022-06-07 (火) 22:30:05
  • このページだけ解説に恐ろしい程までの愛を感じる… -- 2022-06-09 (木) 12:11:05
    • 優等生より手間のかかる子のほうが愛されるって言うだろ、まあ愛を注がれたところで平和に目覚めることはあっても究極のキルマシーンに目覚めたりはしないんだが -- 2022-06-09 (木) 14:33:58
    • 先行プレイの1週間の間にVCARのT1バッジ取った俺の愛だぞ心して読め。まあ修正加筆で俺の文は半分程度しか残ってないけど。 -- 2022-06-17 (金) 16:47:39
  • 何気にバトルパスに2種エピックスキンがある上に、そのどちらにもプレイヤーカードまで付いてくるめちゃくちゃ優遇された武器。きっと大人気環境武器に違いないな! -- 2022-07-06 (水) 00:01:33
  • アップデートで専用の1.25倍と4.5倍の可変倍率スコープが実装された -- 2022-07-06 (水) 23:08:52
    • 1.25倍のほうがBF4のオフセットアイアンみたいな感じで付いてて、実用的かどうかは置いておいてロマンを感じるサイトだったわ。 他の銃になんで実装せんのや… -- 2022-07-07 (木) 02:55:21
      • かっこいいよな、ほんと全銃につけてほしいわ -- 2022-07-07 (木) 05:29:42
  • 弾速アップの恩恵で当てやすくなって楽しい銃になったなあ。疲れるけどね。後強いとは言ってない -- 2022-07-07 (木) 02:10:00
  • この武器の愛好家に聞きたいんだけどアタッチメントってどうしてる? とくにバレル -- 2022-07-07 (木) 18:52:08
    • 中~長距離でのHS狙いで標準仕様弾、亜音速弾でなくとも割と効果があるラップサプ、ADSして撃つのが基本なのでBCG軽量グリップ、近距離でもギリギリ対応できる3スコ(可変スコへの変更検討中)、の組み合わせで使ってる。ただまあ、バレルはチャンピオン・マズルブレーキが無難だとは思う。今のDMRは横反動が非常に小さいのでデメリットがほぼないし。尚、ARCOMタクティカル・マズルブレーキ、ウォーホーク・コンペンセイターは正直死んでるので使う必要はない。ショートバレルは…自分の連打力を測定してから使うべき。 -- 2022-07-07 (木) 21:00:02
    • thxやっぱ標準弾+3スコ安定か バレル迷走してたから助かる。とりあえずチャンピオンマズルブレーキとラップサプ+拡張バレルあたりで運用してみる。 -- 2022-07-07 (木) 21:52:25
    • PS5民としてはウォーホーク結構つかってる。縦反動は自力である程度どうにか出来るけど、横反動は補正しづらいから。でもARCOMが死んでるのは同意。連打しつつアサルト気味に立ち回るのが好きなので弾は近接かなー。亜音速弾は知らない子。スコープは最近実装された1.25-4.5可変スコープが断然お勧め。 -- 2022-07-08 (金) 00:17:07
    • PC民だけどスマート1.5倍サイト、チャンピオンマズルブレーキ、レーザーサイトで近距離戦してる。案外戦いやすくて戦績は良くて60キル12デスくらい。 -- 2022-07-19 (火) 00:20:51
  • 武器の分類的にも指の疲れ的にも、BF1で愛用してたM1903(試作)を思い出す。K弾みたいなロマンがないから今作ではあんまり使ってないけど… -- 2022-07-12 (火) 10:32:33
  • すげえ詳細で草 マジで参考になるわ -- 2022-08-14 (日) 02:22:15
  • なんだかんだ悪くない武器やな~って思いながら使えるいい武器。最近使えるようになったアイアン
    &4倍のスコープがとてもいい感じ。DM7は救いようなさ過ぎてすぐ飽きてしまった -- 2022-08-29 (月) 21:48:06
  • 詳細ありがてぇ。VCAR妙に使いやすいのよね。 -- 2022-09-22 (木) 15:26:22 New
お名前:

  URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White

全ページのコメント欄について改行は非推奨です。
ガイドライン←コメントを書き込む前に1度、目を通してから書き込みを行ってください。
コメントアウト(非表示)・削除・通報・修正対象等についての記述が記載されています。


*1 最小拡散値と最大拡散値は小さいものの、拡散連射増加値が大きいため。これは全てのDMRに共通の特徴である。
*2 SMGは最大拡散値と最小拡散値は大きいものの、拡散連射増加値と反動が小さく、真逆の性能である。
*3 これによりHS2発の距離が伸びた。エンジェルのアーマー配りが廃止になったのも大きい。
*4 DM7、SVK、VCAR全てで縦反動が減少、横反動に至っては一律で左右0.05程度と全武器トップの値にまで減少した。
*5 秒間7.5回。これはBFⅤのM1A1 Carbineと同等のレートである。
*6 近距離にはSMG、中距離にはSVKやAC-42、最も効果的であろう30m付近すらARにLMGにPP-29、そして言わずもがなのBSV-Mと、どの距離にもかなり辛い布陣が待ち構えている。
*7 サプレッサーのダメージ減衰がある場合、ほとんどの距離でキルまでに必要な弾数が増加するため、撃ち合いに弱くなってしまっていた。
*8 35ダメ距離は近距離戦闘弾より短いが、亜音速弾の性能自体は0.4.0より向上している。
*9 0.4.0アップデート前は、BCG軽量グリップ(以前はLWGグリップの効果はこちらが持っていた。)使用時は静止して撃つと移動時に撃つよりも精度が悪化していたり、腰だめレレレ撃ちするならレーザーサイトを使うよりもBCG軽量グリップの方が効果が高かったりしていた。
*10 近接戦闘弾&ショートバレルと亜音速弾&ショートバレルの連射速度は同じ。DM7, SVK, VCAR等のセミオートのみの銃の特徴らしく、BSV-Mは変化する。
*11 10m以内の敵にしか検知されなくなると言われている。
*12 6KUサプレッサーの名誉のために言っておくと、SWS-10, DXR-1, GVT45-70といったキルまでに必要な弾数がほぼ変化せず遠距離狙撃が主体となる武器にとっては、弾速が落ちない6KUサプレッサーの方が有用となる。

ホーム リロード   新規 下位ページ作成 コピー 編集 添付 一覧 最終更新 差分 バックアップ 検索   凍結 名前変更     最終更新のRSS